スポンサーリンク
映画

「空の青さを知る人よ」の声優|種崎敦美さんと出演作のこと

もうすぐ長井龍雪監督の「空の青さを知る人よ」が公開。 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」と合わせて、オリジナルアニメ三部作です。 「残響のテロル」で三島リサ役を演じた、種崎敦美さんにスポットを当てました。
映画

「ペンギンハイウェイ」のエウレカって?気になった言葉や感想

女優の蒼井優さんらが声優を務めることでも話題になったアニメ映画「ペンギンハイウェイ」 愛くるしいペンギンたちが登場するので、楽しいひと時を味わえますが、「エウレカ」など、ビジネスマンでも役に立つ考え方が随所に出てきます。それらを紹介します。
映画

炎のランナー|エリックリデルに関する安息日とあらすじなど

映画の吹き替え版は、外国の習慣などを知るのに便利ですね。 「炎のランナー」で、主人公の一人エリックが、「オリンピックの予選が日曜日に行われる」と聞いて狼狽するシーン。 彼は宣教師なので、日曜日に走ることは、戒律を破ることになるからでした。
スポンサーリンク
映画

ブレードランナー|ルトガーハウアー演じるバッティと作品の魅力の事

先日75歳で亡くなった、ルトガーハウアーさん。彼の代表作は私の中では、「ブレードランナー」のロイ・バッティ役です。 レプリカントでありながら、人間に近くなり過ぎたために起きた悲劇。ラストの印象的なシーンやセリフなどを交えて紹介します。
映画

許されざる者|クリントイーストウッド主演の最後の西部劇の魅力は?

クリントイーストウッド自ら最後の西部劇と認める「許されざる者」は、従来のステレオタイプの西部劇と違い、中盤に入っても全く先が読めません。 彼が長年暖めて満を持して映画化した「許されざる者」の魅力について、人間の二面性などから紹介します。
映画

「パピヨン」のあらすじと実話ついて|ラストの考察も

1970年代を代表する2大スター、スティーブ・マックイーンと ダスティン・ホフマンが初共演した脱獄映画「パピヨン」。 自由への憧れと不屈の闘志、男同士の友情などに加えて、製作陣の執念の賜物ともいえる、この素晴らしい映画を堪能しましょう。
乃木坂46

乃木坂46のキャプテン桜井玲香さんが卒業!次の候補は?

「乃木坂46 真夏の全国ツアー2019」千秋楽公演を最後に、初代キャプテンの桜井玲香さんが卒業することになりました。 乃木坂46の創生期の功労者ですね。 次のキャプテン候補として中田花奈さんを推すと同時に、お疲れ様でしたと言いたいです。
映画

映画「スパイダーマン」シリーズとサム・ライミ版について

もうすぐ「スパイダーマン・ホームカミング」の続編「ファーフロムホーム」が公開されます。 地上波では、シリーズの中でも傑作の声が高い、サム・ライミ版の第1作目が放映されることになりました。 シリーズの違いと、サム・ライミ版について振り返ります。
映画

「プラトーン」のあらすじとエリアス役ウィレムデフォーの事

ベトナム戦争映画の傑作「プラトーン」 トムベレンジャー、ウィレムデフォー、チャーリーシーンの中で、特に注目はウィレムデフォー。 「ストリート・オブ・ファイヤー」の悪役から一転して、善人を演じています。 オリバー・ストーン監督の執念の作品。
映画

ユアンマグレガー主演「ブラス」とピートポスルスウェイトの事

映画「ブラス」は鉱山閉鎖という逆境にも負けなかったバンドの、実話に基づく映画です。 ユアンマグレガーとピートポスルスウェイトの魅力が光ります。 「音楽は何も変えることはできない。しかし、音楽は何度でも人の心を救うだろう」という言葉通りですね。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました